通線が命

電気屋ならではの仕事として通線という作業があります。

読んで字のごとく電線を通す作業なのですがこれがまた奥が深い。

理想はとにかく隠蔽配線で、屋根裏や壁裏など、電線が目につかぬようにすることを目指します。


しかし、毎度簡単にはいかないもの。

点検口から天井裏を覗いてみれば、線を通す先が全く見えない…😓

点検口が存在しない😓

点検口から頭半分しか入らない😓

柱や梁で線を通せるスペースが限られていて、通るかがやってみるまでわからない😓

そもそも八方塞がり…😓


どうしてもだめなら露出配線するしかありませんが、プロとしてより良い品質を目指し、隠蔽すべくチャレンジします。

そしてぜぇはぁぜぇはぁ、ひぃひぃ言いながら挑み、なんとか電線が通ったときの喜びといったら!

嬉しくて嬉しくて仕方がありません。


経験がものを言う作業、場数を踏んだだけ技術力が向上していきます。

うだうだいう前にまず行動して挑んでみる精神を持ち続けます。


オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000