カメラで発見 電線の劣化

「何かあったら怖くて…」

不安のお電話をいただき現場を見に行きました。


なんでも工事関係者?が電力引込線を見て「危ないから絶対それに触れるな!」と言っており、近くの電気屋に直してもらったほうがいいと忠告をされたとのこと。


現場に到着してお話を伺うも、外観ではそんな危険そうには見えない。

むしろ壁から外れてぶら下がっているEEスイッチ(自動点滅器)のほうが気になる。


状況記録しようとデジカメで撮影。

撮影した画像をアップしてみてみると…。


ん~?



これのことかな!?


需要家側の引込線の被覆が劣化して割れているようです。

元々は心線が絶縁物で覆われているわけですが、紫外線などで劣化してひび割れてしまうことがあります。

割れた部分から心線が露出してしまっているので、そこに触れてしまえばまぁ感電してしまいますな。


取り急ぎ補修することになりました。


が、隣家との間が狭い。

まずは受電点付近まで上がる方法を考えなくてはなりません。

頭フル回転!

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000