プラスドライバー

ねじやビスの頭といえば、昔はマイナスでしたが今はプラスが定番です。



ドライバーの先が垂直に交差する溝にスポッとはまるので、比較的かんたんに締め&ゆるめができます。

熟練工でなくともまっすぐ締め込みやすいと思います。

先端部分が黒くなっているものはほとんどが磁石入りなので、ビスを落としにくくなっています。

正規な使い方ではなくとも、ポンチ代わりにコンッとやったり、ボードファスナー用の下穴を開けたりします。

必須工具ですね。


反面、サイズ(プラス部分の大きさ)が合わないとかんたんにナメてしまいます。

ナメる、とは、プラス溝が変形してしまい、ドライバーの先がうまく噛み合わないのでねじが締められなくなってしまった状態にしてしまうことです。

ねじの頭がペンキで塗られていたり、錆びていても起きやすいです。

電動工具のインパクトドライバーを使うとき、ビットの先をしっかり押し付けて使わないとナメてしまいます。


ささっとかんたんにできる基本作業も、無意識でもしっかり神経遣わないときちんとした結果につながらない、いい例だと思います。

まさに職人の入門的道具と言えるでしょう。(大袈裟か?)

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000