規格変わると大変 配線器具

トイレ照明のスイッチがうまく動作しない、とお困りのお客様宅に伺いました。

どうやら経年劣化で、入切がきちんとされない模様。



東芝の配線器具。

配線器具はパナソニック製品が圧倒的なので珍しく感じますね。


当該器具は生産終了品で後継のものが出ているが、規格が変わってしまっており互換性ないとのこと。

スイッチ本体だけでなくスイッチハンドルなども変えなくてはならない。

10年近くは経っているようなので規格の変更があってもやむを得ないかもしれませんが、互換性のないものに変わってしまうと思いの外予算がかかってしまう場合があります。

汎用性ってのは大事ですね。


今回はパナソニック製品へ変更することにしました。

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000