大奮闘! 仮設照明製作

企業様からご依頼を受け、仮設の照明器具を製作しました。



お客様はセミナー会場として使用しているスペースを照らすものをご希望、汎用品と直付照明器具を組み合わせて、特製照明スタンドを作ることにしました。



仮設で、しかもその辺りをぼんやり照らすだけなら適当なスタンドもあるでしょう。

煌々と照らすのならば、工事現場のような投光器もあるでしょう。


しかし、講師の方がホワイトボードを使って講義をし、受講者の方がテキストを読み書きするような環境なのであれば、いずれも相応しくないと考えます。

なるだけ費用をかけず、それでいて、まるで教室にいるかのような快適な状態を作り出せるよう頭を使いました。


さらにいえば、照明の点けやすさ、据置で使う前提とはいえ万が一に分解や移動ができるよう、設計・組上げには念を入れました。


汎用の金具などを使いましたが、なかなか狙ったようにならず、ずいぶん試行錯誤しました😅



納品にしても工事にしてもそうですが、お客様の立場になって考えることはとても重要だと思います。

表面上の欲求だけでなく、その裏に隠れている潜在的欲求を見つけて満たして差し上げることこそがプロの仕事。

それがあってはじめて現場での仕事が活きてくるというものです。



さて、今回のお客様は喜んでくださるだろうか。

真のご提案ができているか、常に試されています。

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000