故障の前兆はアマノジャク

不具合が発生した時、お客様も駆け付けた専門家も困ってしまう事態がある。



それは……。



現調時に不具合が再現しないこと。


できる範囲で検査してみても、とりあえず正常に動いている。


考えられる可能性を指摘するも、危険性が低かったり、利便性が極端に悪くなる可能性がない限りは当面様子見、という結果に終わることもしばしば。



そうなると、私達もお伺いをしている以上現調調査費は頂戴しますが、はっきりいって気持ちの悪いものです。


不良を放置しているような気がして😓


まぁ自分たちだけでは決められないので致し方ないのだけれど…。⛄️


確かな情報(たとえば家電不具合の場合エラーコードとか)を得られず、自分達の目で不具合状況を確認できないときは、あくまで可能性の指摘しかできないのですよ。


あとはせいぜい前例との比較くらいか。




事故などの危険につながる前に処理できればいいなー、なんて考えています。

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000