スイッチ改修工事

地元大崎のお客様宅で洗面化粧台不具合のご相談。




洗面台上部の照明を点けようとすると、

「ヂカヂカヂカッ」

と点灯管が音を立てて、正常に点かない。


しかしうまい具合に点く時もある。



どうやら手元のスイッチをグッと押し込みっぱなしにすると、きちんと点くようだ。

スイッチの接触不良ですね。




スイッチの接触不良はとても危ない。

内部の電極が触れ合うような、触れ合わないような状態になると、アークという火花のようなものが出ます。

見た目が雷のようなアレです。

金属部が溶けてくっついてしまったり、発火してしまう恐れもあります。




買い替えを、とおすすめしたいところですが老夫婦でお住いとのこと、今回はスイッチ部の改修で済ませることにします。


さぁて、すんなりいくでしょうか?

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000