早期対応が必要 袖看板

事故の危険性は、すぐ解決対応をとる必要があります。





お世話になっている会社さまの看板灯修繕調査。


暗くなっても点かない、というのはEEスイッチ(自動点滅器)の不良ということは判明しております。


ついでで球交換を、ということで現状を把握すべくパネルをはずすことに。








ステーが腐って落ちとる!😨



あぶない!




球交換どこの話じゃない😨





調査した看板は玄関入口屋根部分の真上に付いていますが、建物反対側の袖看板は真下に人も車も通るため、大変危険です。


いうまでもなく、大怪我や最悪死亡事故につながります。



対応は待ったなし、ですね。




オザワデンキも急いで準備します🙆

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000