ボロボロを直す エアコン配管穴から浸水

工場さんから「エアコンの配管から水が出てくる」とご連絡があり、現調のうえ対策をしました。







ラッキングの劣化による浸水を疑いましたが、外部からの観察では問題なさそう。


屋上の配管入口をみてみるとボロボロになっています。


原因はここですね。







風雨に晒されるので、エアコン配管の断熱材がボロボロになることはよくあります。


そのほかに鳥が啄んでちぎってしまうこともあるようです。



断熱材が傷んで銅配管が露出してしまうと、熱エネルギーの損失が著しくなり、大変なムダが発生します。


まぁ、そういう場合は経年もあるでしょうから、入替も検討したほうがよいでしょうね。






断熱の巻き直し、ラッキング入口部分補修を行いました。


これでしばらくは大丈夫でしょう🙋

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000