覗いてびっくり エアコン電源

専門業者とはなんなのか?を考える出来事がありました。







エアコンの電源工事をしてほしい、というご相談を受けて現場調査に伺いました。



量販店でエアコン本体を購入してそのまま設置を依頼したところ、工事日当日に取付業者が、


「(専用電源の状況を見て)これではうちでは施工できない。電気屋さんに工事してもらう必要がある。」


と言い、機械を持って引き上げていったそうです。





現場の状況をみてみると、どうやら外電源の機械。


もともとのコンセントから電線を挟み込み、外機へ送っているようでした。




エアコン取付だけだからコンセントはやらないってこと?😓




念のため外機を見に行ってみると…。








ん!?







えーー、開けっ放し!!😨



しかも200V機種ですぞ!?




やりっぱなしとかそういう次元ではないですね。


信じられん😥




これは見過ごせず、元に戻しました。







その後さらにお話を伺うと、店ではなぜか既設よりも2サイズ以上小さい機種をすすめられたようでした。


100V機種になってしまうので、専用電源の電圧変更も発生する、というわけですね😓







そもそも、既設エアコンの効きが悪いので更新をお考えになったとのこと。


小さい機種でもそりゃ冷えない、ってことはありませんが、効率がよいとはいえません。



仮に100Vコンセントがあったとして、取付業者がエアコンを取付けたとして、お客様は幸せになれたのだろうか。


新しいエアコンが付いた、という結果では喜ぶかもしれませんね。


それでよいのだろうか?





お客様には200V機種への再考をおすすめしました。

オザワデンキ 街の電気屋さん

小沢電機商会は創業70年 品川区大崎で唯一の街の電気屋

0コメント

  • 1000 / 1000